>

お子さんの良さを引き出せる学習教室を

大人目線ではダメ、ゲーム感覚

ゲーム感覚で成功ている例として、自分にご褒美や罰を与える、ある課題をポイント化や期間限定にして争いあう、神経を集中させる、と言うものがあると言います。いわばこれは大人目線でのゲーム感覚です。
この感覚はどう考えても、幼児期の教育にはふさわしくないものです。ゲーム感覚をそのような大人目線だけで捉えてほしくないものです。競わせてミッションやタスクをクリアするといった重い負荷は、お子さんを早いうちから挫折させ、ダメにしてしまいかねません。
勿論幼児にも勝ち負けのあるゲームも大切ですが、これができたという達成感やこれをやってみたいという好奇心の方も大切です。勝敗の結果も、単純明快にする、後に引き継がない、偶然で勝負が決することもあるなど、大人の目とは別の視点で考えることも必要でしょう。

楽しんで続けられるものを

特に幼児のうちは、やはり楽しみながらやっていることを見守ってあげることが必要だと思います。
楽しそうにやり続けていることが、何らかの学習の効果を見いだしていく。それがお子さんの今後のためになってくれれば、親御さんにとってこれほどの喜びはありません。
教育を堅苦しく考えずに、お子さんが楽しそうに続けていること、お子さんが引きつけられるかどうかが、判断基準になります。その中で、ゲームというお子さんが好きなものを積極的に取り入れて、お子さんに良い体験をさせて一定の教育効果を上げている、そのようなことを行っている幼児教室が注目されています。
お子さんに強制させない、無理に教え込んだりしない、各々のお子さんに合わせたタイミングで何かを身につけさせる、あくまでもお子さんを信じてあげて、一人ひとりのお子さんに合ったゲームや幼児教育を選んで行きたいものです。


この記事をシェアする