>

子供達が喜んで続けられる幼児教室を

幼児の教育が注目される理由

早期教育が注目されるのはなぜでしょうか?
乳幼児の脳の柔軟性や吸収性がある、「三つ子の魂、百まで」と言われるように幼児期にしか獲得できない能力を身につける、これからの時代を生き抜くため、等が挙げられます。これらはお子さんを持つ親御さんの、子供の将来の幸せを願っての思いから来ています。
もちろん、民間企業の戦略、少子化による子供にかける期待とかけられる費用の増加、ゆとり教育に対する危機感、親の夢を子に託す思い、等の側面も見逃せません。
時折マスコミを賑わす、年少者のアスリート・神童達を目にすると、ひょっとして我が子にも、との思いから習い事に行かせてしまう事もあるようです。
しかし早期教育を焦るあまり、結果としてお子さんの負担になってしまいかねないことも、考慮しておく必要もあります。

幼児教室への期待

幼児教室が今注目される理由として、子供達に様々な体験をさせられる事ではないでしょうか?
家庭ではさせられない事を、保育メインではなく、枠にとらわれない内容でいろいろな習い事を教えてくれる。コミュニケーション能力やメンタル面での基礎作りをサポートしたり、家庭とは別の基本的な生活習慣を身につけさせてくれる、勿論文字や数などの知識の習得や運動などを教えてくれる。
勉強とまではいかないが、かといって単純な遊びとは違う体験をできる。
教室側の工夫として、その教室ならではの教材・用具・機器を用意している。権利関係があって使用が難しい子供達が好きなキャラクターを使って、飽きることがなく楽しく勉強させている。
お子さんの様子や親御さんの要望と合致しているかを、実際に体験したあとに決めることができるのも民間の幼児教室のメリットではないでしょうか?


この記事をシェアする