子供達が喜んで続けられる幼児教室を

幼児教育も関心が高まると共に、その方法も多様になりました。習い事に通うだけでなく、DVDやネット電話サービス等を利用して自宅でも幼児が学ぶことができます。 それでも人と人とが触れ合う幼児教室に関心が集まっています。親御さんにとっては、教室スタッフに子育てについて相談できるのも魅力の一つになっています。

勝ち負けのあるゲームこそ学習教室で

就学前のお子さんは、飽きっぽいのは当たり前です。最初の内は集中する時間は、2分でも3分でもかまいません。その2分3分を積み重ねていくために、ゲームを学習に取り入れていくことも必要です。 勉強にゲームを取り入れていく中で、勝ち負けの意味を子供なりに理解させる事も必要です。

お子さんの良さを引き出せる学習教室を

ゲーム感覚という言葉にとらわれすぎて、お子さんに負担をかけさせすぎるのは考え物です。 また、くれぐれも幼児期の学習を大人の視線で考えてはいけません。 それぞれのお子さんが引きつけられる、良さを引き出すことができる学習内容を用意している学習教室、そのような学習教室をお子さんのために見つけたいものです。

幼児教育への関心と幼児教室

まずここで言う幼児教室とは、どのようなものを指すのでしょうか?
主に0~6歳を対象とした、知育を目的としたいろいろな授業を行うところ、乳幼児のための楽しみながら学習する教室、というところでしょうか?
勿論そのニーズや内容も多様で、お受験対策、就学前学習、能力開発、或いは認可外保育施設も幼児教室という名称で活動しています。
まあ、多くの親御さんがイメージする幼児教室は、楽しむことや慣れ親しむことを目的としており、音楽やダンス、文字、英語や数字をとりあえずやらせてみよう、お子さんが習得できるかは二の次でいい、というところでしょうか?
専門的というか本格的な習い事に通わせるには、ちょっと早すぎる。かといってお子さんのために何かやらせたい。お子さんに負担を与えずに、逆に幼児教室の出来事が家庭での楽しい話題になったらば。お子さんが夢中になっていること、楽しそうにやっていること、せがんででもやりたいと思うことが見つけることができたならば。
大人でも子供でも人間は本性として知りたがりますし、真似したがります。お子さんが「何?何?」と次々と聞いてくるのがその証です。お子さんが知りたがっていること、真似したがっていること、これが教育のきっかけになるのではないでしょうか?
お子さんが楽しそうにやっていること、お子さんの好奇心をかき立てるもの、これを幼児教室のプログラムや体験で見つけられたら、親御さんはこれからも幼児教室に行かせ続けたいと思うでしょう。